DSpace
 

Rouken Digital Archive >
労働科学 >
2001-10 >

タイトル(ja): 「児科雑誌」に発表された仮称所謂脳膜炎(鉛毒性脳症)に関する研究の足跡(3)大久保穆による亜鉛中毒説
タイトル(en): Zinc-poisoning Theory of So-called Meningitis (Lead Encephalopathy) in Infancy Presented by Naomutsu Okubo in Acta Paediatrica Japonica
著者(ja): 堀口俊一
主著者ヨミ: Horiguchi Shunichi
発行年月日: 10-Dec-2010 文献番号: 100026 論文種別: 6
巻: 86 号: 6
開始頁: 317 終了頁: 330
備考: 堀口俊一、寺本敬子、西尾久英、林千代
URI: http://hdl.handle.net/11039/4611
出現コレクション:2001-10

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマットファイル リンク
100026_6.pdf7.42 MBAdobe PDF見る/開く
100026_chart.xls22 kBMicrosoft Excel見る/開く
100026_image001.jpg1.06 MBJPEGサムネイル
見る/開く
100026_image002.jpg1.86 MBJPEGサムネイル
見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard