DSpace
 

Rouken Digital Archive >
労働科学 >
2001-10 >

タイトル(ja): 救急出場件数の増加が救急隊の勤務中の生活活動時間に及ぼす影響に関する調査研究
タイトル(en): How times for meals, rest Periods and naps on duty of ambulance personnel per one-day shift decrease, with increases in the number of ambulance runs
著者(ja): 元橋綾子
主著者ヨミ: Motohashi Ayako
発行年月日: 19-Feb-2018 文献番号: 050011 論文種別: 2
巻: 81 号: 4
開始頁: 169 終了頁: 181
備考: 元橋綾子 ,落合博志,吉田雄太,菊地敦,斉藤良夫
URI: http://hdl.handle.net/11039/4521
出現コレクション:2001-10

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマットファイル リンク
050011_2.pdf5.66 MBAdobe PDF見る/開く
050011_chart.xls47.5 kBMicrosoft Excel見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard