DSpace
 

Rouken Digital Archive >

Usage Statistics


Most Used Items [ This Month  ] This Year  ] Last Year  ] All Years  ]
Statics Summary Year/Month  ]    

Most Used Items  2017-07

Ranking Item Title Downloads
1 エネルギー代謝と心拍数との相関について 320
2 筋疲労時の表面筋電図の周波数分析 170
3 有機溶剤の経皮吸収について 137
4 東北地方農村の住居と其の生活状態 128
5 航空管制官の疲労自覚症候 126
6 手指のピンチ力の測定 113
7 労働衛生学史序説(第21部) 明治の下層階級と労働者の生活,労働条件を伝える調査報告,佐久間貞一と手島精一 90
8 一酸化炭素中毒特集号 Researches on occupational CO-poisoning in Japan. 79
9 疲労自覚症状とフリッカー値の相関 78
10 全血比重測定値の評価について 76
11 大気の冷却力測定器としての労研生体寒暖計 第3報 種々なる温湿度の下に於ける人体の生理的諸反応と生体寒暖計示度との関係に就いて 73
12 作業動作に関する実験的研究 第1篇 作業テンポについて 67
13 労働衛生学的にみた冷蔵倉庫作業の現状と問題点 −労働条件,健康問題を中心として− 61

平均皮膚温の算出について 61
15 日本産業衛生協会総会記録(昭和18年10月30日(土)より4日間)於:長崎医科大学 56
16 住宅調査に於ける評価規準に関する一提案 −就寝時に利用する室の広さ(就眠時有効率)の算出− 47

珪肺者の心肺機能に関する研究 47

産業に於ける人的要素に関する研究 産業疲労の研究方法に関する批判的考察 47
19 4組三交替勤務制における労働負担調査の一例 46
20 船員の食料給与に関する研究 −経営規模別にみた食料消費構造について− 第1報 44
21 一般智能検査並にその規準 −少年青年及び成年男女の智能水準の査定− 43
22 粉塵の許容濃度について −各国の許容濃度と許容濃度の考え方− 42
23 作業場粉塵の遊離珪酸量について 39

振動工具による振動障害の診断について 39
25 捕集袋を用いる有機溶剤蒸気の捕集について 37

山陽道に於ける草葺屋根の民家に就て 37
27 珪肺と結核の関係 病理所見と臨床観察との対比 36
28 至適温度の季節変動に関する研究(第6報) −事務員の温熱感,快適度,健康状態の季節変動− 35

印刷業者の職業性疾患特に鉛中毒に関する調査報告 第1報 印刷業者の職業性疾患調査に関する概要—特に調査方法並に作業部署の解説 35

作業能力に関する性格、類型学的研究 35
31 空気中粉塵の許容濃度に関する二,三の考察 32

改訂意志気質検査法 −其の方法並に本邦人に対する規準− 32

夏季の睡眠環境が夜間睡眠とその後の疲労回復に及ぼす影響 32
34 紀元二千六百年奉祝大会号 31

全身振動による影響,障害 31

産業と結核 −第11回日本医学会特別講演草稿− 31

外気温を考慮した夏季の冷房の至適温度に関する実験的研究(第4報) −軽作業の至適温度− 31

人絹工場に於ける特殊眼疾患の研究 第2編 実験的研究 其の1.眼底疾患に就いて 31
39 印刷工場に於けるベンゾール中毒並びにその対策に関する研究 30

山砂を運ぶダンプカー運転者の労働実態 30
41 実験的炭肺に就て 29

塵肺結核に於ける粉塵巣と結核の関係 29
43 歩行を主とする作業に関する一考察 −郵便集配手の歩行について− 28

精神電気現象に関する実験的研究 28

温度及び湿度の身体的精神的機能に及ぼす影響(第1回報告) (1)生理学的方面 (2)心理学的方面 28

戦後の栄養と体格 28
47 電気集塵器について 高電圧発生装置と粉塵粒子の定量法について 27

二硫化炭素、硫化水素及び亜硫酸瓦斯による視器特に網膜、視神経の傷害を助成すべき諸種要約の実験的研究(特に酒精並に各種ヴィタミン欠乏の影響に就て) 27

労働者最低年齢法に対する心理学上よりの批判 27

Chloronitrobenzene (CNB)中毒 27

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard