DSpace
 

Rouken Digital Archive >

利用統計


高頻度利用アイテム: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ]    

高頻度利用アイテム:   2017-06

順位 資料名 ダウンロード
1 航空管制官の疲労自覚症候 129
2 有機溶剤の経皮吸収について 120
3 頭髪中金属量について 118
4 筋疲労時の表面筋電図の周波数分析 113
5 一酸化炭素中毒特集号 Researches on occupational CO-poisoning in Japan. 81
6 全血比重測定値の評価について 80
7 至適温度の季節変動に関する研究(第6報) −事務員の温熱感,快適度,健康状態の季節変動− 69
8 捕集袋を用いる有機溶剤蒸気の捕集について 68
9 労働衛生学史序説(第21部) 明治の下層階級と労働者の生活,労働条件を伝える調査報告,佐久間貞一と手島精一 62
10 エネルギー代謝と心拍数との相関について 60
11 日本産業衛生協会総会記録(昭和18年10月30日(土)より4日間)於:長崎医科大学 56
12 外気温を考慮した夏季の冷房の至適温度に関する実験的研究(第3報) −暴露時間の影響について− 55
13 じん肺症の病理と病因 52
14 じん肺とじん肺結核,およびその他の合併疾患の診断上の問題について 51
15 船員の食料給与に関する研究 −経営規模別にみた食料消費構造について− 第1報 49
16 産業に於ける人的要素に関する研究 産業疲労の研究方法に関する批判的考察 47
17 粉塵の許容濃度について −各国の許容濃度と許容濃度の考え方− 45
18 じん肺性粉じんの有害度と許容濃度 44
19 空気中粉塵の許容濃度に関する二,三の考察 43
20 平均皮膚温の算出について 42

4組三交替勤務制における労働負担調査の一例 42
22 病理学的肺気腫とその測定法 40
23 労働衛生学的にみた冷蔵倉庫作業の現状と問題点 −労働条件,健康問題を中心として− 38

当研究所所蔵のゲッチンゲン医書文庫について(その5) 38
25 防音保護具の研究(第4報) −耳栓の遮音性能について− 36
26 粉塵の粒度分布測定法 35
27 手指のピンチ力の測定 34
28 当研究所所蔵のゲッチンゲン医書文庫について(その2) 33

夏季における筋労作と精神作業の至適温度について −冷房の至適温度に関する実験的研究(第6報)− 33
30 産業と結核 −第11回日本医学会特別講演草稿− 31

塩化ベリリウムのマウス腹腔内投与による抗体産生能について 31

毒物による肝障害とアミノ基転移酵素活性に関する実験的研究 31

改訂意志気質検査法 −其の方法並に本邦人に対する規準− 31

戦後の栄養と体格 31
35 印刷工場に於けるベンゾール中毒並びにその対策に関する研究 30

振動工具による振動障害の診断について 30
37 「日本人のエネルギー所要量」改訂の変遷 29

労働災害統計について(その1) 29

当研究所所蔵のゲッチンゲン医書文庫について(その4) 29

全身振動による影響,障害 29

疲労と労働の生体負担の生化学的側面 29

規制作業と自由作業について 追随作業とBelt-conveyer作業の実験的研究 29

日本の高温労働 —熱中症小史— 通説衛生史(その26) 29
44 精神電気現象に関する実験的研究 28
45 国民食に於ける蛋白必需量についての基本的調査報告(特輯) 27

夏季の睡眠環境が夜間睡眠とその後の疲労回復に及ぼす影響 27
47 電気集塵器について 高電圧発生装置と粉塵粒子の定量法について 26

作業場粉塵の遊離珪酸量について 26

当研究所所蔵のゲッチンゲン医書文庫について(その6) 26

各種粉塵による塵肺ならびに塵肺結核の実験的研究 26

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard