DSpace
 

Rouken Digital Archive >

利用統計


高頻度利用アイテム: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ]    

高頻度利用アイテム:   2017-05

順位 資料名 ダウンロード
1 筋疲労時の表面筋電図の周波数分析 133
2 航空管制官の疲労自覚症候 125
3 有機溶剤の経皮吸収について 119
4 全血比重測定値の評価について 64
5 労働衛生学史序説(第21部) 明治の下層階級と労働者の生活,労働条件を伝える調査報告,佐久間貞一と手島精一 62
6 捕集袋を用いる有機溶剤蒸気の捕集について 59
7 粉塵の許容濃度について −各国の許容濃度と許容濃度の考え方− 52
8 防音保護具の研究(第4報) −耳栓の遮音性能について− 41
9 4組三交替勤務制における労働負担調査の一例 37
10 船員の食料給与に関する研究 −経営規模別にみた食料消費構造について− 第1報 36
11 電気集塵器について 高電圧発生装置と粉塵粒子の定量法について 35

粉塵の粒度分布測定法 35
13 振動工具による振動障害の診断について 34
14 活性炭管およびシリカゲル管を用いる有機溶剤濃度の測定について 32
15 全身振動による影響,障害 29

夏季の睡眠環境が夜間睡眠とその後の疲労回復に及ぼす影響 29
17 平均皮膚温の算出について 26
18 作業場粉塵の遊離珪酸量について 25

亜硫酸ガスの大気中酸化について 25

労働者状態の窮乏化の法則について 25
21 船の飲料水の汚染について 24
22 空気中粉塵の許容濃度に関する二,三の考察 22
23 労働災害統計について(その1) 20

光度計及び比色法による一酸化炭素ヘモグロビン定量と光度計によるメトヘモグロビン定量 20
25 溶接工肺の病理とその有害性 19
26 労働衛生学的にみた冷蔵倉庫作業の現状と問題点 −労働条件,健康問題を中心として− 18
27 四フッ化エチレン樹脂の分解生成物について −テフロンテープ加熱時の問題− 16

林業機械ことにチェ−ンソ−の振動・騒音による障害とその対策 16

珪肺と結核の関係 病理所見と臨床観察との対比 16

歩行運動と履物に関する研究(第9報) −適当な靴のヒールの高さについて− 16

某ガラス工場の原料調合場の粉塵に対する工学的対策の効果 16
32 慢性二硫化炭素中毒症 Encephalovasculopathia sulfocarbonica (Vigliani)の一剖検例 15

抹消作業検査におけるパフォーマンスの年齢的特徴 15

戦後の栄養と体格 15
35 A short history of occupational health in Japan (Part I). From the ancient time to the end of the Tokugawa shogunate. 14

塩化ベリリウムのマウス腹腔内投与による抗体産生能について 14

疲労自覚症状とフリッカー値の相関 14
38 腰痛症と頸肩腕症候群の発生要因,診断,治療,予防に関する研究 13

山砂を運ぶダンプカー運転者の労働実態 13
40 統計機 Puncher の技能分析 12

最近の日本農民の労働量とその生体負担度(第1報) 全国10地域の総括的成績 12

An experimental study on percutaneous absorption of some organic solvents. 12

VDT作業の分析(1) VDT作業時と机上作業時の作業姿勢の比較 12

じん肺症の病理と病因 12
45 有機溶剤蒸気の測定について 11

植物の葉による吸入性アレルギーに関する研究(第1報) 茶の葉の産毛による吸入性アレルギー(その1) 11

信号音の基本周波数と可聴距離について −船の汽笛,サイレン等の場合− 11

遠洋まぐろ漁船船員の傷病について 11

船内騒音と乗組員の聴力について 11

肺活量並に筋力に表はれたる職業別職種別の差異に就て 11

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard