DSpace
 

Rouken Digital Archive >

Usage Statistics


Most Used Items [ This Month  ] This Year  ] Last Year  ] All Years  ]
Statics Summary Year/Month  ]    

Most Used Items  2017-03

Ranking Item Title Downloads
1 「島」生活者の梅毒に関する研究 132
2 VDT作業の分析(1) VDT作業時と机上作業時の作業姿勢の比較 111
3 外気温を考慮した冷房の至適温度に関する研究 88
4 至適温度の季節変動に関する研究(第6報) −事務員の温熱感,快適度,健康状態の季節変動− 81
5 有機溶剤の経皮吸収について 71
6 当研究所に所蔵するゲッチンゲン医書文庫について(その14) 70
7 有機じん肺に関する研究 63

外気温を考慮した夏季の冷房の至適温度に関する実験的研究(第3報) −暴露時間の影響について− 63
9 至適温度の研究 −至適温度を移動させる因子について− 58
10 じん肺性粉じんの有害度と許容濃度 56
11 4組三交替勤務制における労働負担調査の一例 50
12 じん肺症の病理と病因 49
13 粉塵の許容濃度について −各国の許容濃度と許容濃度の考え方− 48
14 事務室内の環境と2・3の問題点 47
15 有機じん肺の病理と病因 43
16 夏季における筋労作と精神作業の至適温度について −冷房の至適温度に関する実験的研究(第6報)− 42
17 女子の時間外労働と深夜業の規制の意義に関する労働科学的基礎 41
18 オフィスと工場の夏季冷房の諸問題 −1973年8月の調査を中心として− 38

チェーンソー作業者の振動障害 −夏の白ろう現象誘発試験およびN事業所とY事業所における振動障害の比較− 38
20 全血比重測定値の評価について 37
21 筋疲労時の表面筋電図の周波数分析 36
22 当研究所所蔵のゲッチンゲン医書文庫について(その7) 33
23 有機粉塵を中心とした発塵 32

炭素系じん肺のX線像と肺機能 32

暴露粉塵測定用の労研式個人サンプラーについて(第2報) 32
26 至適温度の季節変動に関する研究(第1報) −女子軽作業者における温熱感,快適度および罹病率と温熱条件の関係− 31

視的検索作業の刺激特性について 31

日本のあまの生態について(IV) あまの作業について 31

船の飲料水の汚染について 31

表面活性剤の塵肺予防効果に関する実験的研究 31
31 労働衛生学史序説(第6部) 徳川時代の煙毒を中心とした日本の労働衛生学と同時代のヨーロッパの労働衛生学(3) 29

筋作業の疲労余裕率に関する研究 29
33 検ビン作業に関する実験調査について 27

植物の葉による吸入性アレルギーに関する研究(第2報) 菊栽培婦人に多発する呼吸器症状の検討 27

スーパー・マーケットの金銭登録機作業者に対する健康管理 27

水銀中毒の歴史 −通説衛生史(その27)− 27

振動工具による振動障害の診断について 27
38 日本社会衛生年鑑 第16冊(昭和12年版) 26

婦人労働者の労働生活と残業に関するアンケート調査 26

空気中粉塵の許容濃度に関する二,三の考察 26
41 日本の高温労働 —熱中症小史— 通説衛生史(その26) 25
42 船員の食料給与に関する研究 −経営規模別にみた食料消費構造について− 第1報 24
43 日本における食糧消費構造の研究(3) 23

振動工具把持力と振動の影響について(I) 試作把持力計と林業労働者,学生の把持力の測定 23

大気汚染測定用Air Samplerの検討 23

小型鋼船の船員設備と環境の実態 第1報 居室について 23
47 トリクロルエチレン蒸気の生体に及ぼす影響に関する実験的研究 22

精神緊張に関する生化学的研究(第1報) 22

船員の食料給与に関する研究 第3報 −船員の食欲と食残について− 22

ポリウレタンフォーム製造工程の労働衛生学的研究 22

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2007 MIT and Hewlett-Packard