DSpace
 

Rouken Digital Archive >

利用統計


高頻度利用アイテム: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ]    

高頻度利用アイテム:   2016-02

順位 資料名 ダウンロード
1 一人絹工場女工手の罹病率に就いて 804
2 結核罹患労務者の療養状況調査 第3篇 健康保険給付状況より観たる結核罹患労働者の療養状況 385
3 4組三交替勤務制における労働負担調査の一例 83
4 雑音の合成(4) 41
5 杵島炭鉱に於ける過去1ケ年間の外科的疾患の統計的観察 其の2 公傷患者四肢部1377例に就て 25
6 労働者のビタミンC飽和度に就て(第1報) 21
7 平均皮膚温の算出について 19
8 炭山に於ける栄養調査 18
9 鉛吸収と筋疲労とによるクロナキシーの変化について 17

労働者状態の窮乏化の法則について 17
11 精神的ならびに肉体的労働と尿中アドレナリンおよびノルアドレナリン排泄の態度とに関する研究(第1報) 尿中アドレナリンおよびノルアドレナリン定量法の検討 16

杵島炭鉱従業員の負傷時期に就て(第1回報告)昭和15年度 16
13 二硫化炭素,ベンゾール,水銀及び鉛による中毒家兎の筋クロナキシーの変化に就いて 15

農具の整理について 15
15 熱中症時に於ける異常新陳代謝に就て(第1報) 13

日本社会衛生年鑑 第16冊(昭和12年版) 13
17 工場給食(主として紡績女工手)の栄養学的標準作成に関する一考察 12

塵肺と肺結核の関係 12

作業場粉塵の遊離珪酸量について 12

大東亜戦争下生産労務の建設的改革案 12

昭和14年日本産業衛生協会総会報告論文特輯 12

クロルナフタリン中毒の本態とその防遏に関する研究(第1報) 12

結核罹患労務者の療養状況調査 第4篇 結核罹患労務者の療養生活に関する二、三の知見 12
24 日本人の基礎代謝に関する研究(其の2) 漁夫の基礎代謝について 11

勤労を中心として観たる小工業経営の人的構成に関する調査 −勤労協同体確立のために− 11

統計機 Puncher の技能分析 11
27 航空管制官の疲労自覚症候 9

マツダタイプ作業の研究(II) −一連続作業時間について− 9
29 Vit. C 皮内反応の産業衛生領域に於ける応用について 8

発育に対する肝油長期間服用の効果についての研究 栄養と体格・体力に関する研究 第2報 8

雑音の性質について(1) 8

粉塵対策について −粉塵のコントロールに関する研究(第5報)− 8

人体の尿酸化商(Vacat-O:N) に関する研究 第2報 邦人の尿酸化商並びにその年齢的差異 8

黒球寒暖計の性能について 8

日本産業衛生協会第16回年次総会記録 昭和16年11月14日(金)−15日(土)於:労働科学研究所 8

戦後における工場給食の推移(第1報) 8

結婚と同時に渡満移住せる内地婦人に就いての産婦人科学的統計研究(其の2) 8
38 女子トレーシング従業員の扁平足発生率に就いて 7

電気集塵器について 高電圧発生装置と粉塵粒子の定量法について 7

工業に於ける婦人の従事せる作業部署の労働強度一覧表 7

船員の食料給与に関する研究 −経営規模別にみた食料消費構造について− 第1報 7

印刷業者の職業性疾患特に鉛中毒に関する調査報告 第3報 印刷業に於ける作業環境の衛生学的条件—特に浮遊塵埃、気積並に窓面積に就て 7

職業性水銀中毒に関する研究(第3報) 7

じん肺X線像と病理解剖所見 (全肺大切片標本による対比) 7

東北農民の水分,塩分代謝からみた体液像 第1部 水分及び食塩代謝 7
46 上皮小体機能の鉛中毒に及ぼす影響に関する研究 第一編 上皮小体剔出によるカルシウム代謝障害と鉛代謝 6

呼吸ガス代謝に及ぼす一酸化炭素の影響に関する研究(第1報) 6

日本社会衛生年鑑 第17冊(昭和13年度版) 6

日本産業医学会(第28回)・日本産業衛生協会(第28回)総会 昭和30年4月2-4日 京都 会長:西尾雅七 6

農業における投下労働に関する研究(第2報) −新潟・愛知の両稲作地帯における農民の労働のエネルギー代謝率と消費熱量について−その2.農民の労働の消費熱量について 6

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard