DSpace
 

Rouken Digital Archive >

利用統計


高頻度利用アイテム: [ 今月 ] 今年  ] 去年  ] 全期間  ]
統計サマリー: 期間別  ]    

高頻度利用アイテム:   2015-01

順位 資料名 ダウンロード
1 一酸化炭素中毒特集号 Researches on occupational CO-poisoning in Japan. 188
2 4組三交替勤務制における労働負担調査の一例 138
3 電気集塵器について 高電圧発生装置と粉塵粒子の定量法について 136
4 印刷工場に於けるベンゾール中毒並びにその対策に関する研究 131
5 鉛吸収と筋疲労とによるクロナキシーの変化について 128
6 Chloronitrobenzene (CNB)中毒 104
7 空気汚染の研究(第1報) −SO2濃度を目安にした東京都の空気汚染について− 92
8 フリッカー値からみた船長、航海士の疲労について 80
9 外気温を考慮した冷房の至適温度に関する研究 78

防塵マスクに関する研究(第3報) −防塵マスクの使用命数について− 78

燐酸工場に於ける顎骨骨疽の実態 78
12 汽船における機関員の作業について 74

規制作業と自由作業について 追随作業とBelt-conveyer作業の実験的研究 74
14 体操のエネルギー代謝率に関する研究 第6報 体操に於ける運動の速度とエネルギー代謝率 72
15 濾紙塵埃計について(第1報) 71
16 産業に於ける人的要素に関する研究 産業疲労の研究方法に関する批判的考察 70
17 芳香族ニトロアミド化合物中毒 68
18 高温環境下の安静時及び筋労作時の直腸温度について 67

水分代謝に関する研究 第3編 発汗に伴う減尿と尿成分(クレアチニン、C1'等)減少の成因について 67
20 一般智能検査並にその規準 −少年青年及び成年男女の智能水準の査定− 65
21 実験的珪肺症と肺結核症との相関々係に関する研究 64

東北農民の水分,塩分代謝からみた体液像 第1部 水分及び食塩代謝 64
23 防塵マスクの研究(第2報) −濾塵効率と通気抵抗について− 63
24 呼吸保護具の通気抵抗について −防塵マスクの研究(その3)− 61
25 放射能による汚染とその除去について(第3報) −金属,ガラス及びその他の建築材料の汚染除去− 60

歩行運動と履物に関する研究(第9報) −適当な靴のヒールの高さについて− 60

じん肺X線像と病理解剖所見 (全肺大切片標本による対比) 60

船員の居住環境について 60
29 ベンゼン中毒の研究 第4報 ベンゼンの一時的吸入による生理反応 59

二硫化炭素,ベンゾール,水銀及び鉛による中毒家兎の筋クロナキシーの変化に就いて 59

東北一農村における女子の農業労働および母性的活動との関連よりみた地位 その3.妊娠,出産,死産,乳児死亡 59
32 鉛中毒における螢光球の研究 第2篇 モルモットの実験的鉛中毒と螢光球(その1) 58
33 生体負担度について 56

濾紙塵埃計について(第2報) 56
35 彩色法の生理学的基礎について −其の1 色彩の3属性の関係について− 55

CS2 曝露作業者の呼気濃度測定による環境濃度の評価に関する研究 55
37 Met-Hb 形成性貧血における赤血球 Heinz 小体について 54

運動能の発達と同検査法の標準化 (その2) 54
39 高温環境における疲労現象(I) 反復負荷による身体諸機能の時間的変動 52

一印刷工場に於ける業務上災害の分析 52
41 高温労働における休憩について 51

濾紙塵埃計について(第3報) 51
43 北九州某窯業の珪肺について(第2報) 珪肺患者の体型及び心肺機能について 50
44 生体の機能の変動の見方について 其の1 作業前値の差の捨象について 49

塵肺と肺結核の関係 49

婦人労働者の発育に関する研究(その2) −紡績婦人労働者と海女との比較− 49

Paper Chromatographyによる汗中Corticosteroids 排出に関する研究 49

放射能による汚染とその除去について(第1報) Ca45による木の汚染と汚染除去 49

地下鉄作業場の塵埃について 49

換気条件の事務作業者の疲労に及ぼす影響 49

 

● 当サイト内に記載された一切の内容の無断転載を禁じます。 ●
公益財団法人 大原記念労働科学研究所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-1-12桜美林大学内3F 代表電話:03-6447-1330 FAX:03-6447-1436
労研内の各部署へのご連絡、お問い合せ先はこちらから
DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard